2015年07月23日

「あら? 魚のお惣菜があると思ってきてみたら・・・」
「あの〜、、パックした刺身はないのですか?」
お客様からよく尋ねられます。
 
実を言うと、、、
鮮魚主婦としての こだわりは、
お惣菜としての姿より、まずはご自分の目で
生魚の鮮度を確かめていただいてから
調理したいのです。

こんなに新鮮な魚、
ご主人の分を大き目に切るとか、、
刺身は一人前でいいとか、煮魚にするとか、、、
専業主婦をやっていたからこそ、わかる気持ちです。
そこをご相談してから、サービスさせていただきたいのです。
 
刺身もできるだけ、切りたてを食べていただきたい。
だから、調理場まで見えるオープンキッチンで。。
   
 
本当に美味しい魚は、生臭さがありませんっ!
魚嫌い・魚離れが叫ばれてる昨今、
せっかく長崎にいるのに、こんなに美味しいものを
口に入れていただきたいのです!


キッチンが魚臭くなるのが嫌?
骨があるから嫌?
面倒だから嫌?

ランチの時間内なら、煮魚・焼き魚にしてさしあげます♪
三枚卸なら、骨まで抜いちゃいましょう♪
煮魚には、鍋に入れて温めるように煮汁までつけちゃいましょう♪

専業主婦をやっていたからこそ、わかる気持ちです。



手抜きしたいけど、美味しいものが食べたい。
忙しいから仕方ないけど、お惣菜やお弁当が続くのも心苦しい。

働く主婦だからこそ、わかる気持ちです。


この齢で、魚の名前も調理法も知らないなんて
恥ずかしくて聞けない・・・

私も同じです。知らない事は山ほどあります。
知らない事は知らないって、正直に言いますし
知ってる部分は、どんどんご相談に乗ります!
 

そういえば、、、
子供の受験や、いじめの相談もあったっけww

経験値はたっぷりです。
子供の事ほど、心乱されるって事もよ〜くわかります。



大量に仕入れて、ガンガン売りさばいたり
パックをそのままレジに持っていって、黙って買う今の時代。

まるで時代に逆行してるかのような昭和な店です。
だけど、、ご縁と笑顔はどこよりもあります。

竹野鮮魚は、魚だけを売るお店じゃぁないんです。
美味しいものは、人を笑顔にできるんです。
笑顔は伝染するんです。

ただ、お客様の「ありがとう」と笑顔が嬉しくて
今日も仕事をしています。


 
posted by 竹野鮮魚 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店のこだわり

2012年11月08日

こんにちは。
竹野鮮魚 鮮魚主婦ミサで〜す♪

「海のない都会暮らしのお友達に、、、
おいしい魚を食べていただきたいんだけど。。。」
というお声をよく聞きます。

もちろん!当店から発送できますよ^^/

「え。。でも、、捌くことができないと思うの。。」

はい!ご心配なく。 
ちゃんと料理するばかりに捌いてさしあげますよ^^/

「たぶん。料理方法なんてわからないって思うのだけど。。」

そこも!鮮魚主婦にお任せあれ〜!
鮮魚主婦の直筆レシピも、ちゃんとおつけしますから〜^^/


…で、安心されたお客様。
仲良しのお友達に、魚を発送させていただきました。
68475_488135134540578_1179615860_n.jpg

発送先の家族構成も考えて、三人前の色んな料理に使えるようにと。
幼児や高齢者向きに骨抜きもいたします。、、、。


少しでも、お客様の立場になって。。。
少しでも、美味しい笑顔を見たくって。。

竹野鮮魚は、出来る限りのご要望にお役に立ちたいと願っております。

お気軽にお問合せくださいね〜^^
posted by 竹野鮮魚 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店のこだわり

2012年01月14日

こんにちは。
竹野鮮魚三代目 
専業主婦改め、鮮魚主婦ミサでーす♪

綺麗でしょ??
神様へお供えする鯛です。
DSC_0720.jpg

紅糸で頭を尻尾、ヒレを持ち上げて、、、、。
神主さんの前で、見事に輝きます☆彡


当店は、個人の方はもちろん、、、
神社さん等から直接、ご注文が入ります。

今日と明日は、、日にちがいいのか、、、??
神前鯛のラッシュでございますー♪

神様も大忙しですね〜^^;










長崎・諌早・新鮮鮮魚 刺身盛り・結納鯛・神前鯛・魚屋の鯖の燻製・鯖の味噌煮・

posted by 竹野鮮魚 at 11:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | お店のこだわり

1990年11月10日

魚屋のまかない飯ランチ 大盛況の竹野鮮魚です。

2013年11月11日 
竹野鮮魚店内で
【魚屋のまかない飯ランチ】がオープンしました。
 
父が亡くなり、突然右も左もわからないまま継いだ商売。
奥まった店舗。暗い通路。
料理屋や寿司店などの卸しがほとんどで、それでもなりたってはいたけれど、、。
 
たくさんの人で賑わうお店にしたい・・
気軽に遊びに来てもらえるお店にしたい・・
   
そこで、無駄に広い店内に椅子とテーブルを置く事から考えた。
近所の高齢者の集いの場所にでもなったらいいかなと。。
 
そのころ私達スタッフのお昼ご飯は、煮魚やお味噌汁などのまかないご飯を作ってたべていた。
残りものでさえ、こんなに美味しいのに、、、
これを、魚好きな人達に食べてもらえたらもっといいのに、、
本来の魚の美味しさをもっと広めたい・・・
  1456769_556379131107966_1417762431_n.jpg 
そんな想いが沸いてきた。
「ここのテーブルでお昼ご飯を食べてもらう!!」
宣言してからもなかなか動けず、
 
ぼちぼち、、少しずつ、、すこしずつ、、
食器を寄付してくれる料理屋の社長さん。
テーブルを作ってくれた手先の器用なあの人。
飲食店の基礎を教えてくれた楽しいあの人。
たくさんの人に支えられて準備は整いつつあるのに、
なかなか一歩を進めずにいた。
 
そんな時のNBCラジオに電話出演
『今朝の長さん』で尋ねられた
「ランチはいつオープンですか?」の一言に
どさくさ紛れで答えたのが
「11月11日〜〜!!」だったのだ。
 
カウンターに並んだのは、実は外に置いていた《いけす》
そこに、テーブルが二つだけ。
当初は「10人も来店してもらえた〜〜!」って嬉しかったなぁ。
 
明るい雰囲気、癒される雰囲気、どこか懐かしい雰囲気、
そんな場所になれるといいな、、、と、通路にも色々なものを飾って、少しずつ賑やかになった。四年目の今。
  
魚屋だからできた事。
魚屋なのにやってる事。
やってみたいから、やった事。
 
11月11日
皆さんに支えられながら、ここまで来れました。
本当に(人''▽`)ありがとう☆。。
 
今でもまだまだ手探り状態。
次は何をしようかなぁ。。
posted by 竹野鮮魚 at 23:47 | お店のこだわり