2015年07月23日

仕事への想い。。

「あら? 魚のお惣菜があると思ってきてみたら・・・」
「あの〜、、パックした刺身はないのですか?」
お客様からよく尋ねられます。
 
実を言うと、、、
鮮魚主婦としての こだわりは、
お惣菜としての姿より、まずはご自分の目で
生魚の鮮度を確かめていただいてから
調理したいのです。

こんなに新鮮な魚、
ご主人の分を大き目に切るとか、、
刺身は一人前でいいとか、煮魚にするとか、、、
専業主婦をやっていたからこそ、わかる気持ちです。
そこをご相談してから、サービスさせていただきたいのです。
 
刺身もできるだけ、切りたてを食べていただきたい。
だから、調理場まで見えるオープンキッチンで。。
   
 
本当に美味しい魚は、生臭さがありませんっ!
魚嫌い・魚離れが叫ばれてる昨今、
せっかく長崎にいるのに、こんなに美味しいものを
口に入れていただきたいのです!


キッチンが魚臭くなるのが嫌?
骨があるから嫌?
面倒だから嫌?

ランチの時間内なら、煮魚・焼き魚にしてさしあげます♪
三枚卸なら、骨まで抜いちゃいましょう♪
煮魚には、鍋に入れて温めるように煮汁までつけちゃいましょう♪

専業主婦をやっていたからこそ、わかる気持ちです。



手抜きしたいけど、美味しいものが食べたい。
忙しいから仕方ないけど、お惣菜やお弁当が続くのも心苦しい。

働く主婦だからこそ、わかる気持ちです。


この齢で、魚の名前も調理法も知らないなんて
恥ずかしくて聞けない・・・

私も同じです。知らない事は山ほどあります。
知らない事は知らないって、正直に言いますし
知ってる部分は、どんどんご相談に乗ります!
 

そういえば、、、
子供の受験や、いじめの相談もあったっけww

経験値はたっぷりです。
子供の事ほど、心乱されるって事もよ〜くわかります。



大量に仕入れて、ガンガン売りさばいたり
パックをそのままレジに持っていって、黙って買う今の時代。

まるで時代に逆行してるかのような昭和な店です。
だけど、、ご縁と笑顔はどこよりもあります。

竹野鮮魚は、魚だけを売るお店じゃぁないんです。
美味しいものは、人を笑顔にできるんです。
笑顔は伝染するんです。

ただ、お客様の「ありがとう」と笑顔が嬉しくて
今日も仕事をしています。


 
posted by 竹野鮮魚 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店のこだわり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
wytc

この記事へのTrackBack URL
http://sakana.b1388.jp/tb.html/0109841